服でヴァニラ・キス

あたし・魂情愛(ここあ)のルーチンは毎日、学園に登校する際、いつもの地下鉄で“彼氏”を遠くから眺める状況。
誠意整った形相でたえず図書を読んでいる彼氏。
おんなじ学園の特進科・東雲万里くん。俗称、最高王子と噂され、成果は絶えず最高峰。空手にも通じ、その美形から男女問わず人気が高いと言う。
けど、
「おはよー。絶えず一緒の地下鉄ですねー。あ、ラインとかしてる?よかったらIDスイッチ――」
「目ざとい。ほかのツーリストにスパムです」
声をかけてきたマミーに一喝した!?それほど、彼氏は些か気難しい個々みたいなのです……笑ったらまったく素敵そうなのに、こんな恐い形相、二度と見たくないなぁ。
高嶺の花であることはわかっている。定型科に伺うシンプルの私じゃたどり着くことすら無理かもしれない。けど多少なりとも側にいたい……。
そんなことを願いつつ、帰りの地下鉄では座席でうとうと。気づいたら寝てしまっていた。しかも横になって、誰かの膝枕を借りてある病状!?
膝を貸していたのは万里くん!?
謝り、走って逃げたあたし。けど運悪く、駅舎構内で上の悪そうな男性にぶつかって仕舞う。
「おめえのせいでけん様、肩痛めたぞ?」
「そーそー。己の救援、してよ」
「え?!あ、あの……」
動揺するあたし。欠ける。最低の一年中だと思った。でもそんなとき、
「放せ。嫌がってる」
万里くん!?颯爽と生じ、あたしを助けてくれた!?
図書作品はレディース仕様品物。TL品物ですね。
主人公の魂情愛は平凡な女子高生録。こんな家内が恋心を抱きつくあちらは、おんなじ学園に伺う最高王子の万里くん。けど彼氏は幾らか気難しい性格で、スゴイ接点がつかめない。
けど魂情愛が不備に絡まれてるポイントを彼氏が調停し、助けたことから二人の運気は交わって行く。という流れですね。
最高王子という渾名からしても極める通り、丁度王子氏がお姫様を支えるというような、如何にもな情勢でチャットは始まります。ノーマルですね。けど、それが宜しい!
図書作品の主人公です万里くんの武器を最大限に活かしてますし、空手の有段者という配置もここでわかりますね。外見が素晴らしく、それでいてトラブルもきつく、手厚い。
ただ僅か心構えワードが希薄で、こわばった形相から少々周囲に誤解されてしまいがちなのが自他共に受け入れる引け目でしょうか。
でもだからこそ、一喜一憂する心構えワード豊かな少女・魂情愛との出くわし、交信が彼氏を変え、ラブストーリーを形成していくのです。
図形も非常に良く、代相応の価値は十二分にあるかと思います。
胸キュン中身が非常に腹いっぱいだ。善悪一度、モデルを読んでみてください!後悔しないデキだ!
堺市の興信所

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。